格安SIMに変えるときの注意

テレビのCM等で「番号そのままで携帯料金を安く」を売り文句としている格安SIMですが、「月々の料金がこんなに安くなるの!?すぐに変えよう!」といったノリでキャリア契約から格安SIMに変えてはいけません。
月々の料金が安くなる代わりに出来なくなることも存在します。

格安SIMにしたらできなくなること

格安SIMに変えるとキャリアの固有サービス(メールなど)が使用できなくなります。
キャリアメールを多用している人が格安SIMに乗り換える場合、Gmail等のPCメールに切り替える必要があります。
しかし、これまでキャリアメールで行っていたものを全てPCメールに切り替えるのはとても労力が必要です。
キャリアメールを残しつつ、格安SIMを使用したい場合はガラケーと格安スマホの2台持ちがおすすめです。

格安SIMに変えるとテザリングができなくなります。(※一部例外あり)
テザリングはスマートフォンの基本機能ですが、キャリアの端末は内部でキャリア専用の回線に接続するようにカスタマイズされています。
そのため、テザリングオプションという形で別途料金が発生しているのです。
格安SIMでのテザリングを行いたい場合はキャリアが販売している端末ではなく、SIMフリー端末を使用するのが確実です。
端末によってはそういったカスタマイズがされていないものも存在するので、格安SIMを使用する予定の端末で問題なくテザリングができるかどうかは別途調査する必要があります。

格安SIMに変えるとLINEなどの年齢認証ができなくなります。
LINEなどで行っている年齢認証はキャリア契約の年齢を参照しています。
つまり、キャリア契約が存在しないと年齢認証ができないということです。
端末に挿している格安SIMがdocomo回線のMVNOの場合はdアカウント、au回線のMVNOの場合はau IDを参照します。
dアカウントはキャリアの契約が存在しなくても作成は可能ですが、年齢認証する際に「ドコモ専用のサービスです」と言われて認証できません。
回避策として家族や知人のアカウントをその時だけ借りるという手段もあります。

キャリア契約から格安SIMにMNPで乗り換えた場合、これだけの影響があります。
逆に考えるとこれくらいしか影響がないとも言えます。
格安SIMにすれば月々の料金が大幅に節約できるので、影響がほとんどない人は格安SIMの乗り換えた方が絶対に良いです。

docomo回線を使用している人におすすめの格安SIMはIIJmio、au回線を使用している人におすすめの格安SIMはUQ mobileです。
この2社はMVNOの中でも通信速度が安定しており、キャリアの回線と遜色のない運用が可能です。

スポンサーリンク

シェアする