デュアルレンズ搭載のhonor8とHUAWEI P9の違いは何?端末性能を比較

楽天モバイル専売のhonor8はデュアルレンズ搭載のスマートフォンです。
Huaweiでは以前HUAWEI P9というライカ監修のデュアルレンズ搭載スマートフォンをリリースしています。
そこで、今回新しく登場するhonor8とHUAWEI P9のスペックを比較してみました。

性能比較表

honor8 HUAWEI P9
サイズ 高さ:145.5mm
幅:71.0mm
厚さ:7.45mm
重さ:153g
高さ:145mm
幅:70.9mm
厚さ:6.95mm
重さ:144g
カラー サファイアブルー
サンライズゴールド
パールホワイト
ミスティックシルバー
チタニウムグレー
対応SIM Nano SIM
OS Android 6.0 Marshmallow Emotion UI 4.1
CPU HUAWEI Kirin 950 オクタコア
(4 x 2.3GHz A72 + 4 x 1.8GHz A53)
HUAWEI Kirin 955 オクタコア
(4 x 2.5GHz A72 + 4 x 1.8GHz A53)
RAM 4GB 3GB
ROM 32GB
Micro-SDスロット(最大128GB
32GB
バッテリ 3000 mAh
連続待受時間 LTE:約390時間
W-CDMA:約380時間
LTE:約566時間
W-CDMA:約566時間
GSM:約526時間
連続通話時間 W-CDMA:約17.5時間
GSM:約21時間
W-CDMA:約18時間
GSM:約33時間
ディスプレイ 約 5.2インチ
FHD (1080×1920ドット)
IPS
背面カメラ 1200万画素ダブルレンズカメラ
(モノクロ+カラーセンサー / 開口部F2.2 / AF / 2色Flash)
前面カメラ インカメラ:800万画素
(開口部F2.4 / FF / BSI)
通信速度 下り(受信時)最大262.5Mbps
上り(送信時)最大50Mbps
バンド(LTE) Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 38
Band 40
Band 1
Band 2
Band 3
Band 4
Band 5
Band 7
Band 8
Band 12
Band 17
Band 19
Band 20
Band 26
Band 28
Band 38
Band 39
Band 40
LTE CA DL B1+B19
B3+B19
B1+B8
B1+B19
B3+B19
B1+B3
B1+B8
B3+B8
バンド(CDMA) Band 1
Band 2
Band 4
Band 5
Band 6
Band 8
Band 19
Bluetooth v4.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)
センサー 加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋
赤外線
加速度
コンパス
ジャイロ
環境光
近接
HALL
指紋
価格 42800円 59800円

異なる点

性能表を見比べると以下の点が異なっています。

  • サイズ
  • CPU
  • RAM
  • ROM
  • 連続待受時間
  • 連続通話時間
  • バンド(LTE)
  • LTE CA DL
  • センサー
  • 価格

サイズ

HUAWEI P9の方が少しだけ小さくて軽いです。
5インチクラスのスマートフォンは手の大きい人は難なく使えると思いますが、手の小さい人には少しだけ大きく感じると思います。
微々たる差ですが、HUAWEI P9の方が手の小さい人には扱いやすいかもしれません。

CPU

HUAWEI P9が搭載しているKirin 955の方が処理性能が高いです。
honor8が搭載しているKirin 950は2015年出荷のCPUで、HUAWEI P9が搭載しているKirin 955は2016年出荷のCPUとなっています。
honor8が最新のCPUを搭載しなかったのはHUAWEI P9よりも価格を落とすためなのでしょうか。

RAM

RAMはhonor8の方が1GB多く搭載されています。
メモリ4GBというのはマルチタスクやゲームをよくやる人にとってはとても助かりますね。
ただ個人的にはスマートフォンにそこまでメモリ必要か?って感じもします。

ROM

ROMについては基本的には同容量となっています。
ただしhonor8にはSDカードを内部ストレージとして利用する機能が搭載されているようです。
つまりhonor8は実質128GBのストレージを搭載できることになります。

連続待受時間

連続待受時間はHUAWEI P9の方が長いです。
バッテリー容量が同じため、おそらく電力消費関連が最適化されているかどうかの違いだと思われます。

連続通話時間

連続通話時間についてもHUAWEI P9の方が長いです。

バンド(LTE)

HUAWEI P9の方が対応しているバンドが多いです。
ただ、日本国内で使用する場合はどちらも大差ないものと考えて問題ありません。

LTE CA DL(キャリアアグリゲーション)

HUAWEI P9の方が対応しているキャリアアグリゲーションの組み合わせが多いです。
docomo回線を使用して運用するならHUAWEI P9の方が快適に運用できます。

センサー

honor8には赤外線センサーが搭載されています。
赤外線を使用しての操作ができるので、何かしらのリモコン代わりに使うことができるかもしれません。

価格

性能的にはそこまで大きな違いはないですが、価格はhonor8の方が安いです。
CPUに旧世代の物を使用した結果でしょうか。
HUAWEI P9はライカ監修のデュアルレンズですが、honor8はそうではないということも価格に影響してそうですね。

買うならどっち?

私が買うならHUAWEI P9ですね。
全体的な性能は微々たる差ですが、対応バンドやカメラの機能等を考慮するとHUAWEI P9の方が魅力的です。

メモリやストレージは多いに越したことはないですが、私はローカルストレージで32GBすら使い切ったことがありません。
アプリやゲームの実行ファイルはローカルストレージへのインストールとなるため、たくさんのアプリをダウンロードする人はhonor8の方が良いでしょう。

性能比較表では読み取れない内容ですが、HUAWEI P9のカメラ機能はNG形式のRAW撮影が可能となっています。
カメラ関連はやはりライカ監修のHUAWEI P9に軍配が上がります。

写真にこだわらず、通信速度も格安SIMの低速回線で運用するといった人にはhonor8の方が安くて良いです。
ただhonor8は楽天モバイル専売のため、入手するには楽天モバイルで契約するか中古ショップに出回るのを待つかのどちらかになります。
入手のしやすさといった観点でもHUAWEI P9の方が優れています。

現在、楽天モバイルでは秋の特価キャンペーン(2016年10月3日まで)としてHUAWEI P9が29900円で購入できます。
通話SIMでの契約が必要となりますが、安くHUAWEI P9を入手するチャンスです。

また、honor8発売記念キャンペーン(2016年12月1日まで)としてhonor8が35800円で購入できます。
こちらはデータSIM、通話SIMのどちらでも大丈夫なので、データSIMで契約してすぐに解約といった手段で最低限のコストで端末を入手することができます。

詳細を公式サイトで確認>>楽天モバイル