【格安SIM比較】IIJmioとmineoを徹底比較

docomo回線とau回線の両方のプランを提供しているIIJmioとmineoの比較です。

料金プランを比較

※金額は税別価格です
docomo回線
500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 10GB
データ通信 IIJmio 900円 1520円 2560円
mineo 700円 800円 900円 1580円 2520円
音声通話 IIJmio 1600円 2220円 3260円
mineo 1400円 1500円 1600円 2280円 3220円
au回線
500MB 1GB 3GB 5GB 6GB 10GB
データ通信 IIJmio 900円 1520円 2560円
mineo 700円 800円 900円 1580円 2520円
音声通話 IIJmio 1600円 2220円 3260円
mineo 1310円 1410円 1510円 2190円 3130円

データ通信のみの場合、料金自体はどっこいどっこいといった感じですね。
IIJmioなら6GBを1520円で使用できますが、10GBだとmineoの方が安いです。

音声通話の場合、mineoのau回線の方が若干安いです。

SMS料金を比較

※金額は税別価格です
docomo回線
月額料金 送信料
データ通信 IIJmio 140円 3〜30円/通
mineo 120円 3〜30円/通
音声通話 IIJmio 無料 3〜30円/通
mineo 無料 3〜30円/通
au回線
月額料金 送信料
データ通信 IIJmio 無料 3〜30円/通
mineo 無料 3〜30円/通
音声通話 IIJmio 無料 3〜30円/通
mineo 無料 3〜30円/通

docomo回線で且つデータ通信の場合のみSMSの利用に月額料金が必要となります。
docomo回線でSMSを利用できるデータ通信SIMの契約をする場合、mineoの方が総合的に安くなります。

通話料を比較

IIJmioとmineoの通話料は共に20円/30秒です。
しかし、両者ともに通話料を安くするオプションが存在するので、そのオプションの内容で比較します。

※金額は税別価格です
オプション名 月額料金 内容
IIJmio 誰とでも5分
家族なら30分
830円 5分以内の電話が何度でも通話し放題、超過時は10円/30秒。
家族なら30分以内の電話が何度でも通話し放題、超過時は8円/30秒。
誰とでも3分
家族なら10分
600円 3分以内の電話が何度でも通話し放題、超過時は10円/30秒。
家族なら10分以内の電話が何度でも通話し放題、超過時は8円/30秒。
mineo 通話定額60 1,680 無料通話60分
通話定額30 840円 無料通話30分

通話料に関しては断然IIJmioの方がお得です。
60分続けて電話する場合、mineoの通話定額オプションの方が適しているようにも見えますが、断続的に通話をして合計60分になるような運用の場合はIIJmioのオプションの方がはるかに安くなります。
mineoは通話にはあまり向かない格安SIMという印象です。

その他注目ポイント

IIJmioとmineoの両社に共通して言えるのは通信品質が良いというところです。
そのため、通常利用ならどちらを選んでも速度面で後悔することは少ないはずです。

複数枚のSIMを使用して運用する場合、同一契約内でデータ容量をシェアできるIIJmioの方に軍配が上がりますが、mineoは他のユーザとデータ容量をシェアできるフリータンクという独自サービスを展開しています。
フリータンクは21日以降でないと引き出せない等の条件がありますが、月の半ばあたりにデータ容量を使い切ってしまった時などは非常に助かるサービスです。

au回線での契約を検討している人は、使用する端末がVoLTE端末かどうかを確認する必要があります。
VoLTE端末の場合、SIMロックが解除された端末である必要があります。
VoLTE端末以外の場合、SIMロックの解除は必要ありませんが、IIJmioのau回線は使用できません。
というのも、IIJmioで提供しているau回線のSIMはVoLTE対応のSIMのみだからです。

どちらがおすすめ?

通信品質については両社同等と考えると、選ぶポイントは月額料金とオプションの内容となります。

音声通話をする予定があるなら断然IIJmioの方がおすすめです。
5分間なら何度でもかけ放題になるオプションがあるIIJmioの方が確実に安くなります。
せっかく格安SIMにしたのに、通話料で結果的に高くなってしまったら格安SIMにする意味がありません。

選ぶなら確かな品質。IIJmioの格安SIM

逆に、データ通信を中心に使用するならmineoの方がいいです。
スマートフォンでSMS付きデータSIMを使用する場合はmineoの方が料金が安くなります。
SMSなしの場合、料金は両社ともに大差ありませんが、フリータンクが使える分だけmineoの方がデータ容量に困ることが少なそうです。

IIJmioの複数枚SIM利用時のデータ容量シェアは家族での使用するときに一括管理できていいかもしれませんが、個人で利用する場合は特に必要のないものかもしれません。
スマートフォンとモバイルWi-FiルーターにSIMを挿して使いたいといった場合、スマートフォンでテザリングができればモバイルWi-Fiルーターは不要になります。
個人で運用する場合はフリータンクが使えるmineo、家族で使用する場合且つデータ容量を一括管理したい場合はIIJmioといった感じでしょうか。
家族でデータ容量を個別管理としたい場合は家族割が使えるmineoの方がいいでしょう。

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

IIJmioの評判と口コミ情報をチェック
mineoの評判と口コミ情報をチェック