b-mobileの評価・評判・口コミ情報、キャリアとの比較

b-mobileは日本通信が展開するMVNOです。
MVNOの中で日本通信は老舗中の老舗で、現在の格安SIMの流れを作ったといってもいいかもしれません。
ただ残念なのが、提供しているサービスについてカタログスペックは良いけど実際使ってみるとそうではないという点ですね。


b-mobileの特徴

  • MVNOの老舗中の老舗
  • 時代遅れのプランをバッサリと切り落とす潔さ

b-mobileの料金プラン

プラン データ容量 月額料金(税別)
おかわりSIM 0MB~5GB データ通信のみ 500円~1500円
データ通信+音声通話 1300円~2300円
25GB定額 25GB データ通信のみ 2380円
データ通信+音声通話 3180円

b-mobileは5段階従量制課金のおかわりSIMとの25GB定額の二種類存在します。
おかわりSIMは使った分だけの請求となるため、料金を節約したい人にはおすすめです。
25GB定額はデータ容量が25GBと大容量のプランで、たくさんデータをダウンロードするような人に向いています。
※ただし、速度が出るとは言っていない

b-mobileの通信速度制限

b-mobileでは直近3日間の速度制限等は設けていません。

b-mobileの割引サービス

b-mobileには割引サービスが存在しません。

b-mobileのSMSオプション

プラン 月額料金(税別) 送信料(税別)
おかわりSIM データ通信のみ 130円 3~30円/通
おかわりSIM データ通信+音声通話 無料
25GB定額 データ通信のみ 130円 3~30円/通
25GB定額 データ通信+音声通話 無料

b-mobileの専用アプリ

b-mobileは専用アプリ「Turbo Charge」で高速通信と低速通信を切り替えることができますが、高速通信状態でも速度がほとんど出ないので正直なところ意味があるのかわかりません。

b-mobileとdocomoの料金比較

キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
docomo カケホーダイライト 1700円 6700円
データMパック 5000円
b-mobile おかわりSIM(5GBまで使用) 2300円 2300円

docomoの場合、一回の通話が5分以内なら無料となるカケホーダイライトプランが音声プランの最安値となります。
通話をほとんどしない場合、docomoのカケホーダイライトプランは明らかに割高です。

平日(20営業日)に5分間の通話をやったと仮定した場合、b-mobileの料金は以下となります。

通話時間:5分 × 20日間 = 100分
料金:40円/1分 × 100分 = 4000円
合計月額料金:2300円 + 4000円 = 6300円

b-mobileはdocomoと比べて400円ほど安くなりますが、通話面を含めると本家のdocomoとあまり変わりません。
それならdocomoの方が通信品質がずっと上なので、b-mobileにする必要はありません。

b-mobileで購入できる端末セット

端末名 価格(税別)
モバイルルーター b-mobile4G WiFi3 21112円

b-mobileの端末セットはおすすめできる内容ではないので、中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビードスパラ電脳プラザ等で購入した方がいいでしょう。
モバイルルーターもAterm MR04LNの方が安くて性能が良いので、あえてb-mobile4G WiFi3を買う必要はありません。

b-mobileの速度評価・評判・口コミ情報

遅すぎて使い物にならない…。午前中とか人の少ない時間帯は辛うじて通信できるけど、混雑時はどうしようもない。

言うほど遅いのか?と思って試しに契約してみたけど、即行で解約した。これ使い続けてる人って何考えてるんだろうか。

みんな!IIJmioの方が安くて快適だよ!(笑)

b-mobileの通信速度の遅さは筋金入りです(経験者談)

b-mobileの総評

価格
速度
サービス
総合

数ある格安SIMの中からb-mobileを選ぶ必要はないです。
私が以前使用していた時に通信速度が非常に遅く、違約金を払ってでも他社に乗り換えたという経験があります。
今でも通信速度の遅さは変わりないようです。
あの金額を出して200kbps以下の通信速度を使用するくらいなら他のMVNOの低速回線契約の方がずっと快適です。

スポンサーリンク

シェアする