G-Phoneの評価・評判・口コミ情報、キャリアとの比較

G-Phoneはgeanee mobile(ジーニーモバイル)が展開するMVNOです。
音声通話対応のSIMしかありませんが、公衆Wi-Fiやセキュリティ、フィルタリングなどのサービスを行っています。
SIMの種類がMicroSIMしかないので注意。


G-Phoneの特徴

  • Wi2 300やBBモバイルポイントなどの公衆Wi-Fiが使用可能
  • キッズプランで子供にも安心してスマートフォンを渡せる
  • 端末故障サポートで代替機の無料貸出

G-Phoneの料金プラン

プラン データ容量 月額料金(税別)
ベーシックプラン 4GB データ通信+音声通話 2280円
キッズプラン

プランは二種類で、データ容量と月額料金は同じです。
異なる点は、ベーシックプランでは公衆のWi-Fiスポットが使用できることと、キッズプランではアプリ制限や有害サイトのフィルタリングが行えるサービスがあることです。
キッズプランは子供にスマートフォンを安心して持たせることができるようにと考えられたプランですね。

G-Phoneの通信速度制限

直近72時間の通信速度制限 全プラン 500MB

G-Phoneは直近3日間の通信量が500MBを超えた場合に速度制限されます。
この手のものは366MBのものが多いので、そこそこ緩い制限ではありますね。

G-Phoneの割引サービス

G-Phoneには割引サービスが存在しません。

G-PhoneのSMSオプション

プラン 月額料金(税別) 送信料(税別)
ベーシックプラン 無料 3~30円/通
キッズプラン

G-Phoneの専用アプリ

G-Phoneに専用アプリは存在しません。

G-Phoneとdocomoの料金比較

キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
docomo カケホーダイライト 1700円 6700円
データMパック 5000円
G-Phone ベーシックプラン 2280円 2280円

docomoの場合、一回の通話が5分以内なら無料となるカケホーダイライトプランが音声プランの最安値となります。
通話をほとんどしない場合、docomoのカケホーダイライトプランは明らかに割高です。

平日(20営業日)に5分間の通話をやったと仮定した場合、G-Phoneの料金は以下となります。

通話時間:5分 × 20日間 = 100分
料金:40円/1分 × 100 = 4000円
合計月額料金:2280円 + 4000円 = 6280円

このように、G-Phoneはdocomoと比べて400円ほど安くなりますが、通話をすることを考えると本家のdocomoと大差ないです。
音声通話はおまけ程度に考え、月々のデータ使用料金を減らすことを目的とした格安SIMということでしょう。

G-Phoneで購入できる端末セット

G-Phoneはセットで購入できる端末というのを特に設けていません。
店頭でG-Phoneの契約とセットで端末を購入する場合に24回の割賦払いができるといった感じです。
セットで購入できる端末については店頭で確認してください。

G-Phoneの速度評価・評判・口コミ情報

通信速度を計測してみたらFREETELよりも速くて驚いた。もう少し安かったら最高の格安SIMになるな。

子供に持たせるために購入しました。G-Phoneならわからないことを電話で聞けば親切に教えてくれるので助かってます。

速度面はとても快適。でもWi-Fiスポットとかほとんど使わない場合はIIJmioとかの方が安上がりでいい。

通信速度はUQ mobile並みに速いかもしれません。
G-Phoneの魅力は何といってもサポートの充実っぷりなので、価格面はまぁ微妙な意見が多いですね。

G-Phoneの総評

価格
速度
サービス
総合

データ容量4GB+音声通話が月額2280円として考えると安くはありません。
しかし、そこに公衆Wi-Fiスポットまたはフィルタリングのソフトが無料で使えることを考えれば別です。
また、G-Phoneは電話サポートも無料で使用でき、端末が故障した場合に無料で代替機を貸し出してくれます。
本家のサービスで同等のことを求めると月額1000円~1500円くらい加算されます。
それが2280円で使用できるのですから、サービスをフル活用する人にとってはとても安い格安SIMです。

スポンサーリンク

シェアする