nuro mobileの評価・評判・口コミ情報、キャリアとの比較

nuro mobileはソネットビジネスアソシエイツ株式会社(So-net)が展開するdocomo回線を使用したMVNOサービスです。
もともとはPLAYSIM、LTESIM+という名前で展開していたサービスをnuro mobileという名称に統合し、新規ブランドとして立ち上げたものです。
PLAYSIMは通信品質もよく、統合してnuro mobileになったあとも品質は衰えることはありません。
So-netはプロバイダとして老舗なので通信関連について安心感のある格安SIMです。


nuro mobileの特徴

  • 2GB〜10GBのプランがあり、1GB単位で選択可能
  • 毎月500MBまでなら無料で使える0 SIMという斬新なサービス
  • データ容量の変更が無料で行える
  • 老舗プロバイダによる関心の通信回線
  • 余ったデータ量は翌月繰り越し可能

nuro mobileの料金プラン

プラン データ容量 月額料金(税別)
nuro mobile 2GB データSIM 700円
通話SIM 1400円
3GB データSIM 900円
通話SIM 1600円
4GB データSIM 1100円
通話SIM 1800円
5GB データSIM 1300円
通話SIM 2000円
6GB データSIM 1500円
通話SIM 2200円
7GB データSIM 1700円
通話SIM 2400円
8GB データSIM 1900円
通話SIM 2600円
9GB データSIM 2100円
通話SIM 2800円
10GB データSIM 2300円
通話SIM 3000円
0 SIM 500MB〜5GB データSIM 0円〜1600円
通話SIM 700円〜2300円

0GB〜10GBまで、1GB単位でプランが選べるのが特徴です。
よくある3GB/5GB/7GBの区切りではないため、自分にあったデータプランを選ぶことで毎月の使用料を節約することができます。
ただ、2GBプラン以外はDMM mobileと比べるとほんの少しだけ高いので、もし2GBプランで契約を考えてるならDMM mobileの方が良いと思います。

nuro mobileは他社にはない0 SIMというサービスも特徴の一つです。
0 SIMは毎月500MBまでなら無料で使えるという斬新なサービスで、月に何回かちょっとした通信環境が欲しいといった場合に役立ちます。
また、5GBまでなら通信速度制限がかからずに使用できるため100MBあたり100円(2GB以降は定額1600円)の重量制課金での運用が可能です。
使い方次第ではエキサイトモバイルよりもお得に運用できる格安SIMです。

nuro mobileの通信速度制限

直近3日間での通信速度制限等については明記されていません。
So-net モバイル LTEでは3日間で500MBといった制限があったため、何かしらの制限があると考えた方がいいかもしれません。

nuro mobileの割引サービス

nuro mobileには割引サービスが存在しません。

nuro mobileのSMSオプション

プラン 月額料金(税別) 送信料(税別)
データSIM 150円 3~30円/通
通話SIM 無料

nuro mobileの専用アプリ

nuro mobileは専用のアプリを用意していません。
データ容量のチャージなどは会員用のページから行う必要があります。

nuro mobileとdocomoの料金比較

キャリア プラン名 金額(税別) 合計金額(税別)
docomo カケホーダイライト 1700円 6700円
データMパック 5000円
nuro mobile 5GB 2000円 2000円

docomoの場合、一回の通話が5分以内なら無料となるカケホーダイライトプランが音声プランの最安値となります。
通話をほとんどしない場合、docomoのカケホーダイライトプランは明らかに割高です。

平日(20営業日)に5分間の通話をやったと仮定した場合、nuro mobileの料金は以下となります。

通話時間:5分 × 20日間 = 100分
料金:40円/1分 × 100 = 4000円
合計月額料金:2000円 + 4000円 = 6000円

nuro mobileはdocomoと比べて700円ほど安くなります。

通話料を計算すると、一ヵ月の合計通話時間が117分までならnuro mobileの方が安く運用できます。

nuro mobileで購入できる端末セット

端末名 価格(税別)
スマートフォン ASUS Zenfone3 1917円/月×24回
arrows M03 1417円/月×24回
ZTE Blade E01 583円/月×24回

nuro mobileで選べる端末は現状ではとても少ないです。
選択できる端末もそこまで魅力的なものが存在しないため、SIM単体で契約して端末を別途用意したほうがいいですね。

nuro mobileの速度評価・評判・口コミ情報

当方はスマホを持っていないため、外出中の通信環境が欲しくて0 SIMを契約してWi-Fiルーターを運用してます。
月に数回しか使用しない程度なので、安く運用できる0 SIMはかなり重宝しています。
通信速度も気にならないので、安くモバイル環境を構築したい人にはおすすめできる格安SIMだと思います。

LTESIM+を使ってますが、特に不自由はないです。
通信も安定してますし、本家と比べて安いので浮いたお金で焼き肉とか言ってます(笑)

格安SIMの速度比較をするためにPLAYSIMを契約しましたが、とても快適ですね。
まぁひどい回線の格安SIMで感覚がマヒしてる可能性はありますが…(笑)
使ってみて、IIJmio並みの速度を出した時点でこのSIMはとても優秀なSIMだと判断しました。

PLAYSIM、LTESIM+としての通信速度はとても安定していると口コミからも読み取れます。
nuro mobileになってから回線設備がどのように変わるかわかりませんが、老舗プロバイダのSo-netならこれまで同様に安定した回線を提供してくれると期待ができます。

nuro mobileの総評

価格
速度
サービス
総合

nuro mobileは2GB~10GBの料金プランの他に、月に500MBまでなら無料で使用できる0 SIMという格安SIMサービスで他社との差別化を図っています。
PLAYSIM時代の通信回線は非常に安定しており、本家のdocomoと並ぶ勢いの速度を出す時もありました。
ただ、3GB以降のプランだと月額料金がDMM mobileよりも少しだけ高くなるので契約するなら2GBのデータSIMが一番コストパフォーマンスに優れています。

0 SIMのような従量制課金の格安SIMだとエキサイトモバイルがありますが、月に使用するデータ量が500MB前後という人なら確実に0 SIMは最高のコストパフォーマンスです。

スポンサーリンク

シェアする